型紙チェックのときに試しに作ってみた帽子。ステッチを描いてみたらなかなかおもしろい

ピーチブルームの帽子デザイナー入澤恭子です。

先日、型紙チェックのときに試しに作ってみた帽子。

シンプルな帆布で作ったんですけども、あくまでも型のチェック。

いつもは廃棄処分なのですが

ステッチを描いてみた(笑)

なかなかおもしろい。

 

いや、これ本番だったら緊張するけども、本番じゃないので(というか失敗してもべつにいいやつ)気楽だ。

無地の帽子にペイントも面白い。

立体なので書くのはちょっぴり難しいんですけどね。

これ、普通につくろうとしたら多分、描いてから縫うと思います。

これは油性マジックで書いたんですけども、アクリル絵の具とかだともう少し味わい深くなるかも。

The following two tabs change content below.
ちっちゃなころからものづくりが大好物。趣味が高じてうっかり帽子デザイナーになってしまって21年。 【趣味】帽子作り全般・アコーディオン・料理・時代劇・バンド活動・植木・仕事
タイトルとURLをコピーしました