帽子を作って25年。帽子作り研究はまだまだ続いております

ピーチブルームの帽子デザイナー入澤恭子です。

帽子を作り始めてかれこれ25年くらい。

仕事にして20年(というと初めて作って5年で人様からお金をいただいていたなんて罰当たりだわ(笑)というといまからなにか初めて5年後はそれ仕事にできるってこと?←また良からぬことを考え始めるのはやめい!!(笑))

仕事にしてからも、帽子の作り方の研究は続いております。

もはや、最初に作ったやりかたとは違うやり方になっていたりも多々あります。

そんな帽子作り研究は続いているのですが、最近も

コットン芯を芯にして帽子作ってみたりしてます。

コットン芯は芯なんで、それを芯にして帽子作るのは普通なんですが、やり方をちょっとアレンジしてみたというか(←もしかしたらみんなやってるかもしれないけど、私的には初めてだと思う)

結構いいかんじかも。

 

サンプル作りはいつも端切れなんで、こんなんなりました(笑)

もちろん自分用。かぶってみて耐久性をみたいってのもありますが。

端切れだから色も選べません。

このやり方いいかも。

 

ポークパイとかトップハットも作ってみようそうしようーー!!

オーダーのお客様のを作ってから。(いつになるのだろうか)

The following two tabs change content below.
ちっちゃなころからものづくりが大好物。趣味が高じてうっかり帽子デザイナーになってしまって21年。 【趣味】帽子作り全般・アコーディオン・料理・時代劇・バンド活動・植木・仕事
タイトルとURLをコピーしました