燃えたパナマハット。

ピーチブルーム帽子店の入澤恭子です。

こないだ生徒さんと、エイジング加工を試行錯誤してたんですが、

燃やしたり塗ったり削ったり。

バーナーで炙ったらあっという間に焦げて朽ち果てた(笑)

で、思い出しましたよ。

 

これ。

これ昔、コンロの蒸気でちょっと修正してたら、燃えたんですよ。

パナマ。燃えてもったいなかった。

 

それからコンロはあんまり使わなくなったんですよね。

当時のアトリエは小さなキッチンみたいなのがついていたのでそこで燃え上がったわけです。

懐かしいことが思い出されてしまった。

 

でも、今思うとなんで蒸気つかってたんだろうか。

パナマだから蒸気使わないでもいけるんですけどね。謎。

 

 

The following two tabs change content below.
ちっちゃなころからものづくりが大好物。趣味が高じてうっかり帽子デザイナーになってしまって21年。 【趣味】帽子作り全般・アコーディオン・料理・時代劇・バンド活動・植木・仕事
タイトルとURLをコピーしました