昨日、本年第一号、アトリエにお客様がいらっしゃいました。

PeachBloomの入澤です。

昨日、本年第一号、アトリエにお客様がいらっしゃいました。

今かぶっている帽子がとても気に入ってるのだけど、ちょっとクラウン(頭のはいる部分)の高さを低くしたい。とのこと。

よく見せていただくと、ウサギの帽体のクロッシェ。

そして「なんども洗っちゃってる」と。

ええええーーーー!!!まじでーー!!?と心のなかで叫んだのですが、洗ったとは思えないくらいのきれいな感じで型くずれというほどの型崩れにも見えない。

そして、おりたたんでバッグにしまっちゃう。

えーえーーー!!!となったのですが、帽子自体は本当に素敵なんですよ。

同じ感じのは正直自信ないとお答えしました。

洗うこと前提で型物の帽子は作ったことがないんですよ。

でも、お客様の帽子を見せていただいて、ちと待てよ?!私も洗ってみようかな。という気になりました。柔らかい仕上がりも期待できるし、なんせ帽子は洗えたほうがいいにきまってますもんね。

そんなやり取りをして、帽子もじっくり見せていただいて、どんな風に洗っているか?など、むしろ私のほうが質問攻めにしてしまいました。

PeachBloomのブレードの帽子で気に入った形があり、「これも洗いたいですよね?」(笑)と申し上げたところ。むろん(笑)

あー、これも洗ってみよう。面白そうだなーと。むしろ私の好奇心を掻き立てられました。

何気なくお出ししたお茶もとっても美味しいっておっしゃってくださり、あ、もしかしてこういうひととき、お客様にとっても自分にとってもすごく良いんじゃないのかな?と思った次第でありました。めざせお茶とおしゃべりと帽子のアトリエ。

いくつか宿題を頂きましたので、なんだかとっても楽しみです。

 

 

The following two tabs change content below.
ちっちゃなころからものづくりが大好物。趣味が高じてうっかり帽子デザイナーになってしまって21年。 【趣味】帽子作り全般・アコーディオン・料理・時代劇・バンド活動・植木・仕事
タイトルとURLをコピーしました