ここ数年で帽子の型紙制作はすべてPCで作業することになりました。

ピーチブルーム帽子店の入澤恭子です。

ここ数年で型紙制作はすべてPCで作業することになりました。

ラインに迷いが無い!!

やっぱり線が綺麗だと作業もはかどりますよね。

私の場合は縫い代は生地の厚さに合わせて決めることが多いので縫い代無しで保存してるんですけど、カットすると気にずれたりするかもなあ。やっぱり縫い代つけて保存したほうがよいのかもなあと思ったり。

基本的に縫い代は5ミリでカットしているんですが、定規もカットしちゃうこともあるし(笑)

PCで縫い代をつける作業と紙をカットしているときに縫い代をつける作業とどちらが早くできるかが勝負というところですが、いまのところは紙に縫い代を付けてカットするほうが早いんですよね。もうすこしPC作業のスピードを上げて行かなければならない。

日々修行あるのみです。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
ちっちゃなころからものづくりが大好物。趣味が高じてうっかり帽子デザイナーになってしまって21年。 【趣味】帽子作り全般・アコーディオン・料理・時代劇・バンド活動・植木・仕事
タイトルとURLをコピーしました